• ホーム
  • 避妊薬服用中はハーブ成分を含むサプリメントは控える

避妊薬服用中はハーブ成分を含むサプリメントは控える

近年では、我が国においても避妊薬を服用し、安全な避妊対策を取る女性も増えており、望まない妊娠という最悪の状況に陥らないように、自らの身体を守るという強い意思を持つ女性も確実に増加しています。
これは諸外国に遅ればせながら、低用量ピルが解禁となったことも大きく関係しており、今までは副作用のリスクが怖くて試せなかった女性たちも、安心して服用できるようになっています。
加えて避妊薬もどんどん改良が重ねられており、より安全に服用できる時代となっており、生活改善のためにも女性は是非とも活用すべき医薬品であるとも言われています。
ピルを服用するようになると、毎月の生理も安定するようになり、生理痛もなくなるなど、女性に取ってはうれしい相乗効果がたくさんあります。
しかし避妊薬を服用中には、薬との飲み合わせも注意しなければならないため、服用している他の内服薬がある場合は、医師に必ず伝えましょう。
特にハーブ成分を含むサプリメントや抗生物質などは、ピルの効果を薄めてしまう場合があるので、注意が必要です。
女性に人気の精神を安定させるハーブ成分であるセントジョーンズワートは、特に注意が必要なハーブで、ピルとの飲み合わせは望ましくありません。
妊娠してしまう確率が高まるので、ピル服用中は中止するようにしましょう。
またこれ以外にも、女性ホルモンと似た働きをする成分である、大豆イソフラボン、プエラリアなども、さらに女性ホルモンの働きを強くしてしまうため、副作用が現れてしまうことにもつながりかねません。
ピルを服用する間はできるだけ他の薬やサプリメントは避ける方が望ましいので、医師には必ず漏らすことなく常用しているものを申告するようにしましょう。

関連記事